資料シリーズ No.51
活気に溢れたシステマチックな人的資源市場(労働市場)の構築
―第7回北東アジア労働フォーラム

平成 21 年 1月 28日

概要

当機構と中国労働社会保障研究院(CALSS)、韓国労働研究院(KLI)の3カ国の労働政策研究機関は、「活気に溢れたシステマチックな人的資源市場(労働市場)の構築」をテーマとする ワークショップ(第7回北東アジア労働フォーラム)を2008年11月4日に中国・北京で開催しました。

サブプライム問題に端を発した金融危機の影響が、現在、労働市場に暗い影を落としているのは、中国、韓国、日本ともに同じであり、さらに、この3カ国は類似した文化を持ち、互いに頻繁に人が行き交う、親密な関係にあります。こうした観点に立ち、各国の労働市場政策の類似点と相違点を分析するとともに、最近の課題とその解決方法の検討を行いました。

同ワークショップは「各国の労働市場の最近の状況」「各国の公共職業紹介事業の運営状況」の2つのセッションで構成し、それぞれのセッションでは、日中韓の報告者が論文を発表・意見交換を行いました。本資料はワークショップで報告された各論文を収録しています。

全文

入手方法等

お問合せ先

内容について
調査部 国際研究交流課 03(5903)6274

ご意見・ご感想

調査研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。