資料シリーズ No.31
ハローワークにおける職業分類の運用に関する調査報告

平成 19 年 10 月 31日

概要

職業紹介におけるマッチングの第一歩は求人・求職者の職業に関する情報を的確に把握することです。そのためには求人・求職者の職業別区分に用いられる職業分類が現実の労働市場の動きを反映したものであることが求められます。

現在、ハローワークでは 1999年に改訂された職業分類を使用していますが、既に 8年の年月が経過し、この間の産業や制度の変化によって、現実の求人・求職者の職業の中には職業分類上の項目に対応させることが難しいものも増えています。本報告は職業分類の次期改訂に向けてこの両者の乖離を明らかにするために実施した調査の結果をとりまとめたものです。

本文

執筆担当者

西澤 弘
労働政策研究・研修機構 主任研究員

入手方法等

お問合せ先

内容について
研究調整部 研究調整課 03(5991)5103

ご意見・ご感想

調査研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。