調査シリーズ No.32
パート、契約社員等の正社員登用・転換制度
―処遇改善の事例調査

平成 19 年 5 月 25 日

概要

景気低迷期に急増し、もはや職場に欠かせない重要な労働力に成長した、パートタイマーなどの非正社員をめぐっては、昨今、正社員との均衡を意識した待遇改善や、正社員への転換等に取り組む企業が出始めています。こうしたトレンドは、パートタイム労働法の改正等の動向を先取りしたものともいえます。

当機構ではこうしたトレンドを一昨年より、レポートしてきました(労働政策研究報告書No.34調査シリーズNo.26)。本調査は、その一環として、近年拡がり始めた、パートタイマー、契約社員等から正社員への登用・転換制度の導入・実施事例について、9社企業へのヒアリング調査を通じて明らかにしたものです。

調査の結果、正社員への登用・転換制度が、景気低迷期にやむを得ずパートタイマー、契約社員等で入職せざるを得なかった非正社員にとって、正社員への「再チャレンジ」の機会として機能するとともに、企業にとっても、新卒採用の抑制でゆがんだ労務構成の是正や、ガバナンスの強化を図る上での有効な手段として、位置づけられている様子が浮かび上がりました。

また、正社員への登用・転換制度が、最近、企業で再開され始めた、いわゆる高卒・短大卒等からの一般職の新卒採用とも、深く関係している点を指摘しています。

本文

お問合せ先

内容について
調査・解析部 03(5903)6286

ご意見・ご感想

調査研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。