調査シリーズ No.28
主要企業における賃金制度改革の変遷に関する調査
~大手電機メーカーにみる 1990年代以降の賃金制度改定(Ⅱ)~

平成 19 年 1 月 12 日

概要

当機構では、電機業界の主要企業4社を対象に聞き取り調査を行い、多くの企業が賃金改革に乗り出しはじめた 1990年代から現在までの賃金制度の変遷と、最終的に行き着いた最新の成果主義賃金制度の姿について整理しました。4社のうち2社についての調査結果は 2006年 7月に刊行した調査シリーズ No.23 『主要企業における賃金制度改革の変遷に関する調査−大手電機メーカーにみる 1990年代以降の賃金制度改定(Ⅰ)』にとりまとめたところであり、本報告書は残り2社についてのものです。

本文

第Ⅲ部 大手電機メーカーにみる1990年代以降の賃金制度改定

執筆担当者

荒川 創太
(労働政策研究・研修機構 調査部)
新井 栄三
(労働政策研究・研修機構 調査部)

お問合せ先

内容について
研究調整課 03(5991)5103

ご意見・ご感想

調査研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。