調査シリーズ No.20
働き方の現状と意識に関するアンケート調査結果

平成 18 年 6 月 23 日

概要

パートタイム労働者が大幅に増加したことなどから、正社員・非正社員全体で見た平均の労働時間は減少傾向にありますが、働き盛りの年齢階層の雇用者では長時間労働者の割合が高まっており、近年の労働時間は「二極化」が進行しているといわれています。

当機構では 30 歳代、40 歳代の働き盛りの雇用労働者の労働時間やその他の労働条件、仕事や生活に関する意識・満足度、心身の健康状態、家族との関係などの現状を把握し、政策的対応を検討する際の基礎資料を提供するため、民間調査会社の調査モニターを対象にアンケート調査を実施しました。本調査シリーズはこの調査の集計結果を報告したものです。働き盛りの年齢階層の現状を多面的に見るために、年齢階層別の集計を中心にまとめています。

本文

全文ダウンロードに時間が掛かる場合は分割版をご利用ください。

執筆担当者

小倉 一哉
労働政策研究・研修機構 主任研究員
藤本 隆史
労働政策研究・研修機構 アシスタント・フェロー

お問合せ先

内容について
研究調整部 研究調整課 03(5991)5103

ご意見・ご感想

調査研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。