第2期プロジェクト研究シリーズNo.3 非正規就業の実態とその政策課題
─非正規雇用とキャリア形成、均衡・均等処遇を中心に

概要

非正規化の割合が3分の1を超えた今も、非正規化は進展しています。そうした中で、例えば製造業務の派遣労働の解禁(2004年)や均等・均衡処遇等を盛り込んだパートタイム労働法の改正施行(2008年)など、非正規という働き方自体が姿を変えているのが現状です。また働く人の意識にも変化が現れています。本書では、こうした非正規雇用をめぐる最新の動きをフォローすることで、あらためて非正規雇用という働き方を考えます。

目次

  • まえがき・目次(PDF:858KB)
  • 序章 非正規雇用の現段階と本書のねらい
  • 第1章 金融危機前後における非正規雇用の動向と課題
  • 第2章 非正社員の能力開発の役割
  • 第3章 派遣労働者のキャリア―能力開発・賃金・正社員転換の実態―
  • 第4章 契約社員の働き方と意識
  • 第5章 改正パートタイム労働法以後の短時間労働者の雇用管理の現状と課題
  • 第6章 正社員転換とその後の課題
  • 第7章 非正規雇用者からみた妥当な賃金格差とは何か
  • 第8章 欧米主要国における非正規雇用の現状と課題
  • 第9章 エピローグ:政策インプリケーション―「多様就業社会」の実現に向けた政策課題―
  • 索引・執筆者略歴

2012年3月30日発行

A5判 386頁 555グラム

ISBN978-4-538-50003-4

価格:2,500円+税

品切れ(再販予定なし)

執筆者

浅尾 裕
労働政策研究・研修機構労働政策研究所所長
原ひろみ
労働政策研究・研修機構副主任研究員
小野晶子
労働政策研究・研修機構副主任研究員
高橋康二
労働政策研究・研修機構研究員
渡辺木綿子
労働政策研究・研修機構主任調査員補佐
李 青雅
労働政策研究・研修機構アシスタント・フェロー
天瀬光二
労働政策研究・研修機構主任調査員

※所属や肩書は2012年3月31日時点のものです。

お問合せ先

購入について
研究調整部 成果普及課 Tel: 03-5903-6263
Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。