受賞論文一覧:労働関係論文優秀賞

受賞論文一覧

平成28年度(17回)

孫 亜文

「喫煙行動と賃金の関係─パネルデータによる分析」(PDF:748KB)

『日本労働研究雑誌』No.659(平成27年6月号)収録

平成27年度(16回) 該当作なし
平成26年度(15回)

一瀬 敏弘

「警察官僚の昇進構造―警察庁のキャリアデータに基づく実証分析」(PDF:644KB)

『日本労働研究雑誌』No.637(平成25年8月号)収録

平成25年度(14回)

中嶌剛

「とりあえず志向と初期キャリア形成―地方公務員への入職行動の分析」(PDF:576KB)

『日本労働研究雑誌』No.632(平成25年2・3月号)収録

西本真弓

「介護のための休業形態の選択について―介護と就業の両立のために望まれる制度とは?」(PDF:491KB)

『日本労働研究雑誌』No.623(平成24年6月号)収録

平成24年度(13回)

江夏幾多郎

「人事システムの内的整合性とその非線形効果:人事施策の充実度における正規従業員と非正規従業員の差異に着目した実証分析」

『組織科学』Vol.45,No.3新しいウィンドウ(平成24年3月) 収録

堀 有喜衣

「日本型」高校就職指導を再考する」(PDF:302KB)

『日本労働研究雑誌』No.619(平成24年特別号)収録

森山智彦

「職歴・ライフコースが貧困リスクに及ぼす影響:性別による違いに注目して」(PDF:381KB)

『日本労働研究雑誌』No.619(平成24年特別号)収録

平成23年度(12回)

四方 理人

「非正規雇用は「行き止まり」か?―労働市場の規制と正規雇用への移行」

『日本労働研究雑誌』No.608(平成23年2/3月号)収録

堀田 聰子

「介護保険事業所(施設系)における介護職員のストレス軽減と雇用管理」新しいウィンドウが開きます

『季刊社会保障研究』46巻2号(平成22年9月)収録

平成22年度(11回)

酒井 正

「就業移動と社会保険の非加入行動の関係」

『日本労働研究雑誌』No.592(2009年11月号)収録

戸田 淳仁

「職種経験はどれだけ重要になっているのか―職種特殊的人的資本の観点から」

『日本労働研究雑誌』No.594(2010年1月号)収録

平成21年度(10回)

池永 肇恵

「労働市場の二極化―ITの導入と業務内容の変化について」

『日本労働研究雑誌』No.584(2009年2/3月号)収録

橋本由紀

「日本におけるブラジル人労働者の賃金と雇用の安定に関する考察 ―ポルトガル語求人データによる分析」

『日本労働研究雑誌』No.584(2009年2/3月号)収録

平成20年度(第9回)

佐々木 勝

「ハローワークの窓口紹介業務とマッチングの効率性」

『日本労働研究雑誌』No.567(2007年10月号)収録

島貫 智行

「派遣労働者の人事管理と労働意欲」

『日本労働研究雑誌』No.566(2007年9月号)収録

原 ひろみ

「日本企業の能力開発-70年代前半~2000年代前半の経験から」

『日本労働研究雑誌』No.563(2007年6月号)収録

平成19年度(第8回)

上原 克仁

「大手企業における昇進・昇格と異動の実証分析」

『日本労働研究雑誌』No.561(2007年4月号)収録

坂井 岳夫

「職務発明をめぐる利益調整における法の役割―アメリカ法の考察とプロセス審査への示唆」

『日本労働研究雑誌』No.561(2007年4月号)収録

田中 真樹

「鉄鋼生産職場における一般作業者の管理能力―管理的業務の遂行状況と管理能力の特徴」

『日本労働研究雑誌』No.559(2007年2/3月号)収録

平成18年度(第7回)

周 燕飛

「企業別データを用いた個人請負の活用動機の分析」

『日本労働研究雑誌』No.547(2006年2/3月号)収録

勇上 和史

「都道府県データを用いた地域労働市場の分析―失業・無業の地域間格差に関する考察」

『日本労働研究雑誌』No.539(2005年6月号)収録

平成17年度(第6回)

高橋 陽子

「ホワイトカラー『サービス残業』の経済学的背景―労働時間・報酬に関する暗黙の契約」

『日本労働研究雑誌』No.536(2005年2/3月号)収録

武内 真美子

「女性就業のパネル分析配偶者所得効果の再検証」

『日本労働研究雑誌』No.527(2004年6月号)収録

平成16年度(第5回)

梶川 敦子

「アメリカ公正労働基準法におけるホワイトカラー・イグゼンプション―規則改正の動向を中心に」

『日本労働研究雑誌』No.519(2003年10月号)収録

宮本 大

「NPOの労働需要:国際および環境団体の雇用に関する実証分析」

『日本労働研究雑誌』No.515(2003年6月号)収録

平成15年度(第4回)

篠崎 武久・石原 真三子・塩川 崇年・玄田 有史

「パートが正社員との賃金格差に納得しない理由は何か」

『日本労働研究雑誌』No.512(2003年2/3月号)収録

高木朋代

「高齢者雇用と人事管理システム―雇用される能力の育成と選抜および契約転換の合意メカニズム」

『日本労働研究雑誌』No.512(2003年2/3月号)収録

渡邊 絹子

「ドイツ企業年金改革の行方―公私の役割分担をめぐって」

『日本労働研究雑誌』No.504(2002年7月号)収録

平成14年度(第3回)

黒澤 昌子

「中途採用市場のマッチング―満足度、賃金、訓練、生産性」

『日本労働研究雑誌』No.499(2002年1月号)収録

白波瀬佐和子

「日本の所得格差と高齢者世帯―国際比較の観点から」

『日本労働研究雑誌』No.500(2002年2/3月号)収録

平成13年度(第2回)

岡村 和明

「日本におけるコーホートサイズ効果―キャリア段階モデルによる検証」

『日本労働研究雑誌』No.481(2000年8月号)収録

佐野嘉秀

「パート労働の職域と労使関係―百貨店業A社の事例」

『日本労働研究雑誌』No.481(2000年8月号)収録

平成12年度(第1回)

神林 龍

「戦前期日本の雇用創出―長野県諏訪郡の器械製糸のケース」

『日本労働研究雑誌』No.466(1999年5月号)収録

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。